櫻スタートラベルSDGs取組み

「誰でも、好きなときに、好きな場所へ」

<SDGs取組みにあたって>


旅行は移動・食事・宿泊など障がい者や高齢者にとって身体的にも経済的にも制約や課題の多い分野です。櫻スタートラベルでは「誰でも、好きな時に、好きな場所へ」という企業理念実現に向けて、難病障がい当事者が自ら旅行業に取り組み、これまで旅を諦めていた配慮の必要な人でも不安なく、多くのお客様の旅を実現してきました。これからも引き続き櫻スタートラベルの事業を通して※SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献してまいります。

※SDGs(持続可能な開発目標 : Sustainable Development Goals)とは


貧困や不平等、気候変動等の社会課題や環境問題を解決し、2030 年までに持続可能な世界を実現するための世界共通の目標。17 の目標と 169 のターゲットに取り組むことで「地球上の誰 1 人として取り残さないこと」を目指しています。

sdg_poster_ja_pages-to-jpg-0001.jpg
櫻スタートラベルのSDGs達成に貢献する取組み事例(一部)
sdg_icon_03_ja_2.png
sdg_icon_04_ja_2.png

・ゴール3及びゴール4について具体的な弊社の取組

  
病気の進行や各種障害を理由に外出や旅行を諦めないといけない状況にある方の思いや希望に寄り添うことにより、個人の生きがいや尊厳を守ることを目指す。

難病・障害・見えない障害等、社会の中で配慮を必要とする方への接遇や当事者の生活を伝える。障害当事者の多くの方の苦手な全てが含まれる旅行(移動・宿泊・食事・体調管理・経済的困難)の実現に向けた取組みを伝え発信することにより、具体的な社会課題について考える機会やきっかけ作りを行う。

sdg_icon_08_ja_2.png

・ターゲット8-5
 2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人
間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。
   
  ↓弊社の取組

一般就労が難しい私たちが旅行業界で働くことを継続することにより、難病や障害があってもできることを通じて観光産業の中で働ける実績を作る。実際に闘病生活を中心としながら旅行事業を運営。

sdg_icon_11_ja_2.png

・ターゲット11-7
 2030年までに、女性、子供、高齢者及び障害者を含め、人々に安全で包括的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する

   
  ↓弊社の取組

公共交通機関や観光施設のバリアフリー調査・アドバイスを通じて、実際に現地に足を運び検証することによりユニバーサルデザイン化を目指す。

sdg_icon_17_ja_2.png

・ターゲット17-17
(さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的・官民、市民のパートナーシップを推進する

  

 ↓具体的な弊社の取組

配慮を必要とする方の旅行支援を障害当事者の私達が継続的に実施することにより、障害等の理解促進しながら、各事業者(宿泊施設・観光施設・交通機関、地域)が一体となって、配慮が必要な方の旅や外出の希望を叶える事への物理的・精神的なハードルを下げるために協力して取り組む。

ウルル広報Top.jpg

〜旅行活動〜

環境面で障がい者が旅行困難な場所に周到な準備を進め、健常者・障がい者を問わず同じ景色を楽しめる旅を実現するユニバーサルツーリズムの取組は、障害当事者目線で計画された夢を叶える活動です。また障がい者が社会参加しながら、共生社会の実現を目指しています。こと

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

〜意思疎通支援〜

京都府所属の失語症向け意思疎通支援者として意思疎通支援の活動にも取り組んでいます。ご本人の意志に寄り添いながら、お出かけやご旅行だけでなく日常生活のお手伝いを行っています。発話や

さらに表示
IMG_0067.JPG

お出かけ会議
旅マネージャー

各種障害や疾患理解の相互理解を目指しながら、外出や旅行について考えるお出かけ会議を開催しています。

ご自宅や病院に訪問し、お客様のご要望をお伺いしながら、ご旅行実現に向けて個別に課題解決に向けた旅行手配及び旅行添乗を行う旅マネージャーの活動を行っています。

さらに表示
LRG_DSC05691.JPG

講演や執筆等

起業や企業・自治体・学校向けに、各種障害や疾患理解に向けた講演・講義(ユニバーサルマナー検定)、ユニバーサルツーリズムの旅行活動事例などをお伝えしています。

さらに表示